So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新しいMac mini に乗り換えるための付属品を購入 [PC・マック]

新しいMac miniでは、この8年間で端子の規格が変わってしまったので、いくつか付属品を購入した。
全部で、7,855円を支払った。

やっと今日、全てを使ってのセットアップが終了した。

1.USB-C → USB × 3 + SDカードリーダーハブ 2,099円




2.USB-C 延長ケーブル 900円




3.USB-C → Thunderbolt 変換アダプタ 5,180円(全額ポイントで購入)
 これだけアマゾンでは買えなかったので、ヨドバシ(ネット)で購入。
スクリーンショット 2019-01-27 18.29.16.png

4.Thunderbolt → FireWire 変換アダプタ 2,876円

アップル Thunderbolt - FireWireアダプタ MD464ZM/A

アップル Thunderbolt - FireWireアダプタ MD464ZM/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers



5.キーボードカバー 1,980円

キーボードカバー・Pure Touch Key Protector #101 for Apple Keyboard (テンキー付き-JIS-US) / PTKP101

キーボードカバー・Pure Touch Key Protector #101 for Apple Keyboard (テンキー付き-JIS-US) / PTKP101

  • 出版社/メーカー: マイクロソリューション Micro Solution Inc.
  • メディア: Personal Computers


nice!(0)  コメント(0) 

新しいMac mini を購入 [PC・マック]

2019年正月に、ヨドバシで新しいMac miniを購入した。2010年末に購入したMac mini から、丸8年で買い替えた。我が家では三代目の Mac mini となる。

スクリーンショット 2019-01-27 17.52.56.png

ついでにMagic trackpad2 も購入した。
スクリーンショット 2019-01-27 17.57.56.png

ヨドバシポイントを全て使って支払額は 124,762円。
ここから5%のポイント(6,238円)が付いた。

nice!(1)  コメント(0) 

iPhone6sにかかった費用 [通信・電話]

2015年10月に、アップルストアで購入したiPhone6s。2018年10月にiPhoneXRに買い換えるまでの3年間でかかった費用をまとめてみる。

106,704円 iPhone6s本体
  2,990円 iPhoneカバー代
  1,273円 iPhoneフィルム代
  2,990円 iPhone車載ケース代
 12,744円 iPhone修理代
 41,273円 mineo通信費(2015/10-2018/10の37ヶ月間)
--------------------------
167,974円 合計

37ヶ月で割ると 4,540円/月かかった事がわかった。

1つ前のiPhone5sは、5,219円/月
もう1つ前のiPhone4sは、6,030円/月
さらに前のiPhone3GSは、3,972円/月

iPhone6sからはSIMフリーiPhoneと格安SIMで使ってきたが、iPhone3GSほどには安くなっていないが、大手で買うよりは安く使うことができたと思っている。
nice!(0)  コメント(0) 

マスクの購入 [日用品]

最近はマスクして外を出歩いても全く違和感が無くなった。マスクをした方が鼻の通りが良く、喉も潤うのでほぼ毎日利用している。これまでの購入履歴を記しておく。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 150枚入

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 150枚入

  • 出版社/メーカー: ユニチャーム
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


150枚入り1,955円。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 100枚入

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 100枚入

  • 出版社/メーカー: ユニチャーム
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


100枚入り777円。

今気づいたが、100枚入りの方が圧倒的に安い!次回からは100枚入りを選ぼうと思う。

購入履歴
2018年11月 150枚入り1,327円 一枚当たり8.8円
2017年11月 150枚入り1,326円 一枚当たり8.8円
2017年02月 150枚入り1,359円 一枚当たり9.1円
2016年12月 150枚入り1,467円 一枚当たり9.8円
2016年11月 150枚入り1,467円 一枚当たり9.8円
2016年10月 150枚入り1,467円 一枚当たり9.8円
2016年03月 150枚入り1,421円 一枚当たり9.5円
2015年10月 150枚入り1,496円 一枚当たり10.0円
2015年04月 150枚入り1,496円 一枚当たり10.0円
2015年01月 150枚入り1,496円 一枚当たり10.0円
2014年12月 150枚入り1,526円 一枚当たり10.2円
2014年08月 100枚入り1,008円 一枚当たり10.1円
2014年01月 150枚入り1,388円 一枚当たり9.3円
2013年04月 150枚入り1,699円 一枚当たり11.3円
2012年11月 150枚入り1,699円 一枚当たり11.3円
2012年01月 150枚入り1,699円 一枚当たり11.3円
2011年02月 150枚入り1,720円 一枚当たり11.5円
2010年05月 150枚入り1,960円 一枚当たり13.0円
2009年12月 150枚入り1,960円 一枚当たり13.0円
2009年04月 100枚入り1,480円 一枚当たり14.8円
nice!(0)  コメント(0) 

浄水器カートリッジの購入 [日用品]

しばらく記載していなかったので、まとめて記しておく。




いつも買っていた3個セットがとても高くなっていたので、1個あたりが安い4個セットを買う事にした。それでも少しづつ高くなっていることに気づいたのだった。

2018年10月 4個セットで3,686円、1個当たり921.5円
2018年01月 4個セットで3,480円、1個当たり870.0円
2017年06月 3個セットで2,454円、1個当たり818.0円
2016年12月 3個セットで2,454円、1個当たり818.0円
2016年08月 3個セットで2,454円、1個当たり818.0円
2016年03月 3個セットで2,454円、1個当たり818.0円
2015年09月 3個セットで2,485円、1個当たり828.3円
2015年04月 3個セットで2,599円、1個当たり866.3円
nice!(1)  コメント(0) 

iPhoneXRを予約! [通信・電話]

しばらく熟考した結果、iPhoneXRを購入することにした。昨日10/19の16:01からの予約開始時間直後に「iPhoneXR」を、四条河原町の駅でアップルストアにアクセスして予約した。
スクリーンショット 2018-10-20 17.05.24.jpg
ホワイト柄の64GBモデルで 91,584円。

iPhone8を検討していたのにXRに心変わりした理由は、先週のソフトバンクショップでの出来事がきっかけだった。ソフトバンクではiPhone8が安売りされていて、契約から3ヶ月くらいソフトバンク回線を使い、その後解約してMVNOのSIMに乗り換える事で、違約金を支払っても実質4万円程度でiPhone8が手に入るらしい。しかしそれにはMNPという、電話番号を他社から乗り換える必要があり、私は元々電話番号を持っていないので特別値引き対象外になることが分かった。これを聞いて定価で買う事がバカらしくなった。

次にiPhone8 plusを検討した。ソフトバンクでは非常に品薄と聞いたから。 義姉が iPhone6s plusを持っていて、特に不自由なく利用している事も聞いた。アップル直販価格は 85,104円(税込)。iPhone8より 11,880円高い。ここまで支払う気になると、最新モデルのXRとの差額が6,480円に近づいて来た事に気がついた。

次に月額費用で考えた。どれも3年使う想定で定価(税込)を36ヶ月で割ってみた。

iPhone8 73,224円は 2,034円。
iPhone8 plus 85,104円は 2,364円。
iPhoneXR 91584円は 2,544円。

iPhone8とXRでは月額換算すると500円しか変わらなかった。

3年前にiPhone6sを(106,704円で)購入した時は、月額3,000円を覚悟したので、月額2,544円はコストダウンを図ったと思えば良いと言い聞かしたのだった。

過去、アップル製品で発売日に購入した事はあるが、予約開始日に予約したのは今回が初めて。10/26の到着が待ち遠しい。
nice!(0)  コメント(0) 

iPhone8を買うのはどうだろうか [通信・電話]

iPhoneXSの価格の高さに辟易していた中、ふと昨年モデルのiPhone8を考えてみた。
スクリーンショット 2018-10-01 21.35.58.jpg
64GBで67,800円(税抜)。税込みで73,224円。

iPhoneXRという、今年のモデルで一番安いモデルの場合、
スクリーンショット 2018-10-01 21.37.38.jpg
64GBで84,800円(税抜)。税込みで91,584円。

なんと最新モデルの廉価版より、さらに2万円も安く買える事が分かった。

大きさと重さは。。。今のiPhone6sと比べると、

iPhone6s 138.3mm × 67.1mm × 7.1mm 143g
iPhone8 138.4mm × 67.3mm × 7.3mm 148g

高さで0.1mm、幅で0.2mm、厚さで0.2mm大きくなって、5g重くなっている。これは誤差の範囲と言えるでしょう。

iPhone6sから見てiPhone8の魅力は、1.Felica機能が使えること、2,防水機能があること、3.Qiでの充電ができること と思うが、私にとっては、iPhone6sの正常進化版であり最終形態であることが最大の魅力だと思っている。

iPhone8にはホームボタンがあってTouchID(指紋認証)がある。マスクをよくつける私にとってはiPhoneXのFaceID(顔認証)は役に立たないと思っているので、ベストの選択では無いだろうか。

73,224円を3年で支払うと考えると 2,034円/月。この程度なら毎月何かを我慢したら貯めれる様に思える。購入に前向きになって来たことを記しておく。
nice!(0)  コメント(0) 

JetDrive の恩恵 [PC・マック]

今朝、macbook airの内蔵SSDを換装し、SSD容量が128GBから480GBに大幅に容量アップを実現した。読み書き速度も上がり、操作のもっさり感がなくなった。

実はさらに、SSD換装による恩恵があった。

それは換装した後の、今まで使っていた内蔵SSDを外部記憶装置として使える事だった。つまり「128GBのUSB接続型のメモリ」が手に入ったのだった。「USBメモリ」というには大きさが違うので言えないが、モバイル用ハードディスク(HD)よりは十分小さい。

HDは(構造上回転部分と読み出す針があるので)持ち運ぶ時は気を使うのだが、SSDは可動部分がないので安心して持ち運びができる。

私が持っていた(恐らく10年くらい前に購入した)モバイル用のHDと並べてみた。薄い青色のものがHD。大きさ比較のためiPhone3GSを横に置いた。SSDの大きさはHDの1/3くらいに見える。しかもこのHD、容量は40GBだった。大きさは3倍なのに容量は1/3って。。。
IMG_2529.jpg
ここには動画等を保存して見たい時だけつなげるといった使い方になるかと思っている。実家のmac miniとのデータのやり取りにも使える。

無いよりはあったほうが良いでしょう。JetDriveありがとう。






タグ:JetDrive
nice!(1)  コメント(0) 

ピアノを売却 [子育て]

長年使わなくなって置いていただけのピアノを売却した。楽器店4社くらいに依頼して一番高く買い取ってくれるところに売却したのだった。
pho_c38w.jpg
購入額43万円に対して売却額は18万円。先日振り込まれていた。2010年6月に購入したので、8年間で25万円支払ったと思えば、良い買い物だったと思う。

娘たちの情操教育に良いと思ったのと、私自身子どもの頃にピアノを習っていたので、それを経験してもらいたかった。音符を読める様になった事も良かったと思う。

売却に際して全て対応してくれた妻にも感謝しています。ありがとう。

ちなみに得たお金は、子ども貯金として2人に9万円づつ渡す事にします。長女の分はマンドリン購入代の足しとして使う事になると思います。
タグ:ピアノ
nice!(0)  コメント(0) 

macbook air の内蔵SSDの換装 [PC・マック]

昨夜届いたJetDrive480GB、今朝、無事に換装を終えた。今はこのJetDriveで動くmacbook airで記事を書いている。
スクリーンショット 2018-09-22 10.21.38.jpg
容量は、確かに増えている。

372GB空きと記されている。今まではここが4GBくらいで、長時間使っているうちに1GBを切る様になって、都度再起動していた(何故か再起動すると空き容量が元に戻る)。

広大な領域を確保できた。

速さも確実に体感できている。ファインダー操作の速さ、文字変換の速さ、エクセルの反応の速さ、起動の速さと、様々な場面で速さを体感できている。

無事に換装できて良かった。JetDriveありがとう。




ここからは一点だけ苦労した点を記載しておく。

商品に添付されていた手順書通りに進まなかったところが1箇所だけあった。それは、ディスク内のコピーだった。コマンド+Rでリカバリモードで起動して、ディスクユーティリティでUSB接続した新しいSSDを初期化するところまではスムーズに進んだが、その後ディスクのコピーが何度やってもうまくいかなかった。一瞬で終了し「できませんでした」と表示されるのだった。

結局、TimeMachinを利用して、全バックアップした後に、それを新しいSSDへ落とす方法で実現できた。我が家の TimeMachinは WiFi上にあるので、全バックアップは差分のみのため数分で終わったが、バックアップ戻しに一晩かかった(画面には所要時間:4時間弱と表示されていた)。

朝起きたら、無事にバックアップ戻しが完了していたので良かった。TimeMachinありがとう。

新しいSSD上では、office365は再度認証する必要があり、IDとパスワードが必要になった。また、TimeMachinからバックアップ戻しをする際にもパスワードを求められた事を記しておく。パスワードを覚えていて良かった。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -