So-net無料ブログ作成
検索選択

次女のメガネを購入 [子育て]

次女は小4。学校の健康診断で視力が落ちてきたと指摘を受けた。その後、眼科で診てもらって、しばらくは様子見だったのだが、先日はメガネの処方箋をもらって帰ってきた。

僕がかなりの近視なので、恐らく遺伝なんだと思う。

今日、楠葉モール内のJINSで、子ども用のメガネを購入した。

次女もメガネデビューを果たした。
nice!(0)  コメント(0) 

長女にiPhoneを購入 [子育て]

こんな日が来るとは、時が経つのは早いというか、時代が変わったというか。。。

長女の中学進学をお祝いして、iPhoneを購入した。

故ジョブズがiPhoneをこの世に送り出したのが2007年。翌年日本でも発売され、さらにその翌年、iPhone3GS が私の手元に来た。わずか8年前に、大の大人が入手して喜んでいたモノが、今や小学生の持ち物になっている。本当に驚きだ。

娘にとっての初めてのiPhoneはアップルストアで買うべきと思った。昨日、はるばる心斎橋のアップルストアへ家族4人で出向いて購入してきた。購入する事は2ヶ月前に決定していたが、私が単身赴任中でなかなか購入できなかったのだった。

アップルストアは3連休の初日ということもあったのか、かなり混んでいた。2F(ジーニアスバー)がいつも混んでいるのは知っていたが、1Fで混んでいるのを見るのは初めてだ。

20分ほど待ってお兄さんが来てくれた。義母から頂いたiPhone6を下取りに出し、iPhone7を購入、いくつか私が2つのAppleIDの利用方法について確認した後、表面に貼るガラスシートも合わせて購入し、決済した。ガラスシートはその場で貼ってくれたので手間を省けて良かった。

その後、お兄さんから娘にiPhoneの使い方をレクチャーしてくれた。これはドコモやauショップでは決して経験できないことなので、貴重な体験だった(娘にとって?僕にとって?(笑))

レクチャー内容は「3Dタッチ」という、今ひとつメジャーになりきれていない(と思う)機能の説明だったが、アップル側としては他社との差別化を進めたいし、我々にとっては有益な情報だったので、ウィンウィンで良かったと思う。

小一時間くらいかかったと思うが、娘にとって初めてのiPhoneを手にする儀式は無事終了した。ショップのお兄さんの接客態度が良かったので、私も満足して購入することができた。

その後、梅田のヨドバシでiPhoneカバーを買って帰って来た。家に着いた時は夜の8時を過ぎていた。

長女にとって、この日を忘れずに、iPhoneを大切に扱ってくれることを願う。
タグ:iPhone
nice!(0)  コメント(0) 

家族で高松旅行 [子育て]

この週末、家族が高松に遊びに来た。約1年ぶりの高松での家族勢揃いだ。

僕の方も、来月で単身赴任が解ける予定のため、最後の家族4人での高松満喫を楽しんだ。

この2年半、地元民が並ぶ店を中心に、高松の街巡りをした。

2/18(土)
妻たちが到着してすぐのお昼ご飯は「麺むすび」でとり天ぶっかけを食べた。僕としては3度目の訪問になるが、丁度お昼前に入ったので、ちょっと待っただけでお店に入れた。いつもは結構並んでいるのでラッキーだったと思う。

夜は「浜寿司」で回転寿司を食べた。とり天ぶっかけで満腹感が残っていたので、回転寿司では、僕は9皿といつもよりは数枚少なめだった。しかし、次女も9皿食べた事に驚いた。妻と長女は8皿づつ。大人顔負けの食いっぷりに驚いた。

夕食を食べた後は「仏生山温泉」で体の疲れを癒した。ここも、僕が仕事の疲れや四十肩を癒すために何度も訪れたことのある温泉だ。ここは幼児を連れた子供連れ家族が多く、いつも娘たちが小さかった頃を思い出す場所だ。

2/19(日)
朝は、「パパベル」というパン屋へ朝パンを食べに行った。ここも僕は何度か一人で食べに来た事があり、いつも並んでいるのでオススメと思った。ここは、買ってすぐ食べる事ができるテーブルが用意されていて、コーヒーを無料で飲めるのがいい。妻はパンの味には結構厳しい方だが、褒めていたので良かった。娘たちも、一番人気のカレーパンを完食した。二人ともお約束の様に、中のカレーをこぼしたのには笑った。

そのあと、家でしばらくゆっくりした後、運動を兼ねて栗林公園まで徒歩で向かった。丁度この週末は梅まつりということで、梅が見頃らしい。スタンプラリーで4箇所を回って、最後に栗まんじゅうをもらった。先着400名ということだったが、以外と美味しい景品に満足した。

昼食は、帰り道にあるラーメン屋「軌跡」に行った。ここは塩ラーメン専門のお店だが、2年前の夏に家族で行って、妻が絶賛したラーメン屋だ。ここも少し待っただけですぐに入ることができラッキーだった。ここでは、鯛しおラーメンを頼んだ長女が、ついてきた柚子胡椒を全投入して、めちゃくちゃ辛いラーメンをぺろっと平らげてたのに驚いた。僕はいつも大盛を頼むのだが、朝のパンで満腹だったので、珍しく並を頼んだのだった。

そして、妻たち3人は、ゆめタウン横のバス停からバスで帰って行った。

あっという間の1泊2日の旅行?だったが、笑顔が絶えない、楽しいひと時を過ごすことができた。
nice!(0)  コメント(0) 

次女と過ごした年末年始 [子育て]

小学3年生の次女が、昨年の12月に入ってから、私が居る高松へ一人で行きたいと言い出した。きっかけは私が誘ってみたからだが、どこまで本心かはわからないが、とにかく行きたいと言い出したのだった。

新大阪までは妻に付き添ってもらい、岡山駅では私が待つという、本当に新幹線に座っているだけで降りる駅さえ間違えなければ大丈夫という「おひとりさま冒険旅行」だ。

しかし、高松へ来る数日前に発熱し、旅行は延期となった。年末には一人で来て一緒に大阪へ帰る計画をしたが、結局またも発熱でたち消えとなった。本人はとても楽しみにしていた様だが、2度とも熱が出た事を考えると、ストレスにもなっていたのかなぁと思う。

残念だが、3月までにはもう3連休はないので、おひとりさま冒険旅行は実現できないだろう。

しかしこの年末年始、長女が学習塾で休めないため、次女と二人で一泊二日旅行を敢行した。実家に泊まって、翌日はほぼ16年ぶりに親戚の家回りをしたのであった。我が家の親戚は幼児や赤ちゃんが沢山居て、どちらかというと「お姉さん」の部類に入る。安心してください、立派にお姉さんとして振舞っていたよ。

親戚のおじさんにいろいろ聞かれたりしたけど、はっきりと受け答えしていたよ。また、私が居ない所で、夏のキャンプ話で盛り上がり、いつの間にか3家族合同でファミリーキャンプをする事になっていた。もらったお年玉は14袋にもなると聞いてそれにも驚いた。

何よりも、家に帰ってからがテンションマックスですごかった。お風呂に一緒に入った時に「ママに一杯話す事がある」と言っていた。そして、お風呂から上がって、布団の中では、本当にあれやこれやああしたこうした、とそれはもうたくさんの事をママに話してくれた。確か夜の12時を超えていたと思う。

立派に成長した小学3年生の姿を間近で見る事ができて良かった。
nice!(0)  コメント(0) 

長女の中学受験 [子育て]

長女はもう小学6年生の3学期が始まろうとしている。このブログを始めた時には産まれてもいなかったのに、時間が経つのは早いと感じる。

私が子どもの頃にやらせてもらった事を、娘たちにもやってあげようと、ずっと思ってきた。ちなみに、私が子どもの頃に親にしてもらった事というと、小学校時代の事しか記憶にない。つまり長女にとっては今年が最後のチャンスという事だ。やり残した事はないか?と思い返すと、やはり単身赴任で2年間一緒に生活できなかった事が、毎朝10分程度のテレビ電話はやってきたものの、やり残し感を感じる。

例えば、スキーだ。父親には函館山へよくスキーに連れて行ってもらった。いつも車で連れていてもらったが、父はスタッドレスは買わず、いつもタイヤにチェーンを巻いていた。今、私が娘たちを車で函館山まで往復する事を考えると、往復の運転は大変だった様に思う。。。。あれ?私が大阪に住んでいたのは中学生以降なので、まだまだこれからじゃないか!よし。来年はスキーに連れて行く事にしよう。

私の小学校高学年時代といえば、合唱クラブで練習した事をよく覚えている。ここ高松の小学校で、なりたての音楽の先生が非常に熱心で、小6の夏休みはほぼ毎日練習していた気がする。この時に経験した事は今でも役に立っていると思う。例えば、みんなで歌う時の姿勢は手の置く位置まで詳細に決めていた事、みんなで息継ぎをする箇所を合わせた事、歌い出しの最初の言葉を強くはっきり発声するために何度も練習した事、たくさんのやるべき事を何度もみんなで合わせて練習した。これらは、今の仕事に役に立っていると思っている。会社人間にとって一人で仕事は何もできないので、関係者で目的や情報を共有し、高いレベルで一体となって実践する事を子どもながらに体験できた事を言いたい。当時のNHK合唱コンクルールでは全国大会への出場は果たせなかったが、私にとっては十分な経験になっている。

小学校時代に一生懸命打ち込んだ事は、大人になっても影響があるという事を、身をもって感じているので、娘たちにはそういう経験をさせてあげたいと思っている。

娘たちには、スイミング、そろばん、習字、ピアノと普通の習い事をさせてきたが、長女は小4から地域の合唱クラブに参加し出した(次女は小3から)。自分からやりたいと言って参加しているので、良い事だと思う。そして妻の提案もあって、長女には小4から学習塾へ通わせ中学受験のための勉強を開始した。この塾の勉強が、見ているとかなり難しく非常に大変に見えた。学校が終わってから塾に通い、帰ってくるのは夜の9時過ぎという過酷な毎日だった。私が近くで見ていた小4の頃は、問題の解き方がわからず、半泣きになってテンションマックスで自分自身何を言っているのか分からない中で宿題をこなしていると感じる時もあった。特に算数。。。

その長女が、今週末の1/14-16の3日間に3校中学受験をする。3年間本当によく頑張ったと思う。志望校に通る通らないは関係なく、3年間一生懸命にやってきた事は、きっと将来に役立つと思う。この言葉を、今、このタイミングで書き残しておきたかった。

最後に、この3年間、本人に一番近いところで付き添ってくれた妻に感謝します。
nice!(0)  コメント(0) 

長女と街中散歩 [子育て]

先週の土曜日、大阪出張と長女の塾の休みが重なったため、2人で街中散歩に出かけた。訪れたのは大阪のど真ん中。難波から梅田まで歩こうという目標を立て、見事達成してきた。

ちょうど「ポケモンGO」のリリース翌日という事もあって、スマホゲームを楽しみながら飽きることなく有意義な1日を過ごすことができた。

長女は、4年生から塾に通い始め、今年が受験の年だ。私が小学校の頃とは比べ物にならないくらい勉強している。塾に通いだした4年生の10月に私が単身赴任したため、日々の頑張りを眼の前では見てはいないが、夜は遅いし、かなり頑張っている感がある。息抜きをしてもらう目的と、中学生になれば、私とは喋ってもらえなくなる可能性があるので、良い機会なので散歩に誘った。

久しぶりのミナミの街は、かなり変わっていた。外国人観光客、特に中国人や韓国人が多く、ドラッグストアでの爆買い客も見た。お昼は「一蘭」というラーメン屋に入ったが、外国人のためのお店ではないかと思うくらい外国人が多く、ここ日本?と思った程だ。

ひさしぶりのミナミの街で、ぐるぐると同じ道を行ったり来たりしながら、押さえるべきところは押さえて、楽しい1日を過ごすことができた。以下、訪れたところを記しておこうと思う。

1.南海線難波駅の前。
ここからスタートしたかったが、ここに来る間に道に迷ってずいぶん回り道をした。ここで映画ポスターがたくさん貼られているのを見たかったが、1枚だけ?ラグビーか何かのパネルがあっただけだった。マルイができていて、もしかして映画館はなくなったのだろうか?

2.自由軒(カレー屋さん)
祖父に連れられてよく来た店である。ただ、このお店に来るまでの道を忘れていて、このあたり一帯をぐるぐるしたのだった。結局11時半に訪れたが、お店が開いた直後だった様で良かった。しかし長女はあまり食欲をそそられなかった様で、入るのは次の機会とした。

3.いずもや
大学時代に「うな重」といえばここ、と思っていたが、どこにあるかわからず探すのを諦めた。

4.ラーメン屋
「金龍」「かむくら」と、有名どころを見たが、結局「一蘭」に入ることにした。

5.法善寺横丁の夫婦善哉
今なら冷たいぜんざいが食べれると思ったが、おやつ時にここに居ると梅田までたどり着けないと思ったので、この日は法善寺横丁には行かなかった。

6.マクドナルド
ポケモンGOのスポットになっているという事でとりあえず入ってみた。ここで何匹もポケモンを捕まえる事ができた。マックシェイクを2人で飲んだ。

7.アメ村の三角公園
妻オススメのスポットにとりあえず行って、しばらく座って休憩した。確かにここは髪の毛の色が変わった人が多かった。特に何も食べず、後にした。

8.中之島図書館
このあたりは疲れてきて、涼しかった事としばらく椅子に座れて良かった事くらいしか覚えていない。

9.茶店
梅田に着いて、疲れたのでケーキでも食べようと思って、茶店を探した。32番街のビルの上で入ろうと思ったが一杯で入れなかった。少し待ったが全く客が出てくる気配がなかったのであきらめた。結局阪急梅田近辺でうろうろしてやっとお店に入る事ができた。娘もかなり疲れたと思う。

10.紀伊国屋書店
梅田の本屋で、漫画を1冊購入した。昔読んだ「からだのひみつ」っぽい漫画の3巻だ。娘の希望で、キーホルダー付きのものを買った。こういうのが後々にずっと覚えてくれるものなのかなと思いつつ。。。
nice!(0)  コメント(0) 

10月の3連休に家族が来た [子育て]

この10月10-12日の3連休、家族が単身赴任先の高松に遊びに来た。何度目だろうか。よくよく考えると、昨年末、今年の4月、7月と来たので、これで4度目だ。今回も妻を含めてみんなの思いっきりの笑顔を見せてもらった。

1.食事
10日の昼は「根っこ」のカレーうどん、夜は「浜寿司」(回転寿司)、11日の昼は丸亀市内のセルフうどん店、夜はサービスエリアでラーメン、12日の昼はゆめタウンでお弁当とケーキを買って、次女の8歳の誕生日をお祝いした。

回転寿司の浜寿司は、握り一つが大きく、私の場合10皿くらいでお腹一杯になる。今回、長女(小5)は7.5皿食べたと聞いて驚いた。そして、次女(小2)はなんと8皿食べたのだった。娘2人の食いっぷりに驚かされた。

2.行事
3連休の真ん中の日、遠出をして愛媛は松山にある「道後温泉」に行ってきた。この春、一人で下見に行ったところだ。

行く途中、丸亀市内の丸亀城に寄った。丸亀城では「にっかり青江」という刀が飾られていて、結構なお客で賑わっていた。ゲームのキャラクターに使われて人気が出ているらしい。

道後温泉でも、3連休の真ん中というのもあってか、かなりのお客で賑わっていた。松山城へ行こうかとロープウェイ乗り場まで見に行ったが、結局止めた。次回、娘たちがどうしても見に行きたいと言われたら見に行くことにしようと思う。松山市内を少し散歩したが、観光客は多いし、商店街でも沢山の人で賑わっていた。また、様々なデザインの路面電車が走っていて、非日常を感じる事ができた。

特筆すべきは、やっぱり道後温泉「霊の湯」でしょう。前回一人で来た時は、一番安い「神の湯」に入ったが、今回は家族4人「霊の湯」に入った。その後、お菓子と坊ちゃん団子を食べて休憩したあと、建物の中を見学して出てきた。「霊の湯」では、男湯の方は、MAX自分を入れて3人、途中自分1人だけの時もあったぐらいで、ゆっくりとお湯に浸かることができた。その後「神の湯」を見に行ったが、脱衣場に人が多くてお湯に入る気が失せた。女湯の方の「霊の湯」は、男湯ほどではないがまぁまぁ空いていたとの事、一方「神の湯」では、身体を洗うのに行列ができていた程混雑していたらしい。「霊の湯」にして正解だった。

夕暮れ時に並び、待っている間に少し肌寒くなり、その時に買って食べた熱々の「ジャコかつ」が美味しかった。身体が冷えていたせいもあり、お風呂に入った時はとても気持ち良かった。お風呂を出たら陽はすっかり落ちていて、(近くのホテルから歩いて来ていると思われる)浴衣姿の観光客が多くて、夜の温泉街の雰囲気を見て楽しむ事ができたのも良かった。

そのため帰りは遅くなり、21時過ぎてからサービスエリアで夕食、自宅に着いた時は23時を回っていた。きっとみんな楽しかったと思うので、たまには良いか、と思った。

3.出費
「霊の湯」に4人入っただけで、3,740円( = 1,250×2人 + 620円×2人)と結構な出費だった。坊ちゃん団子は一串80円。駐車料金が700円。往復の高速料金が3,380円( = 1,690円×往復)。これだけで8,000円くらいかかっている。この他、丸亀城の入場料や食事代、次女の誕生日を祝うケーキも買ったので、15,000円くらいは使ったのではないかと思う。支払ったのは妻だったりカードだったりするので、自分自身実感は無いが、結構使った事は記しておこうと思う。

4.総括
今回も家族4人で楽しく過ごす事ができた。この平和がいつまでも続いて欲しいと思う。そのためには、健康第一、仕事を頑張る事が私自身の役割だ。ここ高松で2年目に突入したが、継続して頑張っていこうと思う。
タグ:温泉
nice!(0)  コメント(0) 

7月の3連休に家族が来た [子育て]

年末以来かな?家族がまたまた単身赴任先の高松へ遊びに来た。

7/19は、義理の祖母の一周忌で、妻たちは義父母と一緒に徳島へ行った後、夕食を高松で食べた。「一鶴」という、骨付き鳥しかメニューにないという専門店だ。美味しかったが、私には辛くてリピートはしないだろうと思う。沢山の客が待っていて、1時間くらい待たされた。高松にも人が一杯いる事が分かったのだった。義父母はその後、大阪へ帰った。ごちそうさまでした。

7/20は、女木島という、鬼ヶ島伝説の島へ遊びに行った。私が子供の頃に両親に連れて行ってもらった事がある島だ。船で移動し、島の山の中に洞窟があって、そこまで歩いて行った。暑い中で運動不足を痛感したが、久しぶりの運動なので自分では良かったと思う。ほとんどの客が徒歩では登っておらず、バスか自転車で移動していた。でも我が子ども達は相変わらず元気だった。よしよし。

洞窟では、かすかだが記憶が残っていて、見た覚えがあるところがあった。

その後は、砂浜で少し遊んだ。私は眺めていただけだが、海水浴客はほどほどで、良かったと思う。

この日、朝食は「中西うどん」、昼食は「軌跡」というラーメン屋、夕食はほか弁で白ご飯だけ買って、妻の野菜炒めを食べたのだった。うどんにしてもラーメンにしても、妻の高評価を得たのだった。

唯一、7/20の夜、義父母と一緒に「根っこ」といううどん屋で、カレーうどんを食べたかったらしいが、行った時はすでに閉店していた事が惜しかった。でもそのおかげで「一鶴」で一緒に夕食を食べる事ができたので、私にとってはラッキーだった。

そういえば、長女が、一鶴の骨付き鳥にしても、うどんにしてもラーメンにしても、一人分を軽く平らげていたのにはびっくりした。小学5年生になって、林間学校でキャンプファイヤー委員を頑張ったと通知表には書かれていたし、塾も勉強を頑張っている。自慢の長女だと思っている事をここに記しておこうと思う。(次女も自慢の次女と思っているよ)

単身赴任してから、子どもの事は妻に任せっぱなしだが、子ども達の元気な姿を見て安心した。妻にも「ありがとう」と言いたい。
nice!(0)  コメント(0) 

リズム天国ザ・ベスト+を購入 [子育て]

一ヶ月くらい前だったと思うが、長女が突然「リズム天国を買って」とせがまれた。

過去、長女にせがまれたのは、小3の夏に「3DS」そして「ポケモン」、小4のクリスマスに「妖怪ウォッチ真打」以来と珍しい。これからせがまれる間隔が短くなって来るのだろうか。

今回は、塾のテストで国語1教科だが、クラスで1番を取ったのでそのご褒美として買う事にした。

4,072円。

リズム天国 ザ・ベスト+

リズム天国 ザ・ベスト+

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



長女の喜ぶ顔を見て、私も嬉しくなったのだった。
nice!(0)  コメント(0) 

26インチの長女用自転車を購入 [子育て]

このGW、長女用の自転車を購入した。前に買ったのは6年前の2009年、当時は16インチ、コマ付き自転車を義父母家に買ってもらった。その後、小学校に入ってからは、妹夫婦家の自転車、学校の友達の自転車のお古を経て、今回は新品の自転車を手に入れた。

自転車を買う事になったのは突然だった。今年の3月だったと思うが、長女が通っている塾の試験で満点かもという話が出た。確か国語だったと思う。長女は国語が得意なので、満点はあるかもしれないとは思っていたが、この1年塾に通い始めて満点を取ったのは一度もなかったので、長女も興奮気味だった。そこで妻が、満点とったら何かパパに買ってもらったら?と言うと、長女の口から出たのは「自転車」だった。長女にとって、自転車は普段あまり使わないと思っていたので、誰かのお古で十分だと思っていた。しかし「欲しい」と言われた。長女は普段から「欲しい」とはなかなか言わない。昨年の3DSに続いて2回目だと思う。なので、長女の「欲しい」には重みがある。そこで、満点とったら買ってあげると、OKしたのだった。

しかし、国語は満点ではなかった。残念だが、自転車はお預けとなった。その後1週間くらい経ってから、今度は社会で満点を取った。そのご褒美に自転車を購入した。

GW、近くの「自転車のあさひ」を2店舗、イオンの自転車屋を回って、最終的には「ダイワサイクル」で購入した。長女と妻は、26インチにこだわっていた。子供向けの自転車は、2年後の中学生になってまで乗れる様なデザインではなかったため、大人用自転車の中で車種を選んだ。あさひでは、26インチは134センチの長女では両足が地面に届かなかった。一方、ダイワサイクルの26インチ自転車はサドルが低く、足が届いた。デザインも同じ様なものがあさひにもダイワサイクルにもあったので、ダイワサイクル製で即決したのだった。

自転車が届いたのを確認して、私は高松に帰った。長女の嬉しそうな顔は忘れない。
タグ:買い物履歴
nice!(0)  コメント(0)