So-net無料ブログ作成

再びインプレッサを試乗、そして契約 [クルマ]

台風21号が最接近した今日、衆議院選挙の投票を終えて、再びディーラーへ行った。いくつかディーラーオプションを追加した上での再見積をもらいに行った。

見積を一旦持ち帰って次回の訪問で契約するつもりだったが、なんと勢いで契約してしまった。
exterior_pict_5.jpg

大雨の中、お昼過ぎにディーラーへ入り、終わったのは17時を過ぎていた。

前回は妻が1.6Lのインプレッサを試乗したので、今回は2.0Lのセダンタイプを私と妻と1回づつ試乗させてもらった。乗り心地は申し分なく、車体がカッチリしている印象を受けた。長年乗ってきたアウトバックと比較して、内装がチープに思う箇所も少しあるが我慢できる範囲とした。

(狭さが)気になっていた荷室も、実際に荷物を持参して、私のゴルフバッグであれば横に積めること、オートキャンプでいつも積むクーラーボックスと旅行カバンにプラケース3つも同時に積めることが確認できた。もちろんテントやタープまでは、(持って行かなかったので実際に確認できなかったが)多分無理と思うので天井に乗せるルーフボックスが別途必要と考えている。

妻の頑張りがあり、満足のいく値引きも引き出せたので、気持ち良く契約できた。

納期は、早ければギリギリ12月下旬という事だったが、年が変わる来年1月を指定した。

BPアウトバックB型からGTインプレッサB型へ、13年乗り続けた我が家の愛車が変わる。
タグ:買い物履歴
nice!(0)  コメント(0) 

CH-Rを試乗 [クルマ]

リーフ、インプレッサを試乗した次の日、トヨタのCH-Rを試乗して来た。
スクリーンショット 2017-10-12 5.51.04.jpg
会社の同期が最近買ったと聞いているし、とても人気が有るらしい。

1.8Lエンジン+電気モーターのハイブリッドのグレードのものを試乗させてもらった。試乗は私と妻で2週した。

試乗の感想。
「走り」
可もなく不可もなくという感じ。エンジンと電気モーターを器用に自動で切り替えてくれていて、それが目に見えるのは良かった。高速道路で走っていないのだが、1.8Lエンジンでほぼモーター稼働は無い様に思うので、今の車(2.5L)よりうるさく感じるであろうと思った。今回ではっきりしたことは、エンジンを支援する機構を搭載している車は、ハイブリッドにしてもターボにしても、(今の自分の好みとは)違うと思った。

「内装」
本体だけで290万円するそうだが、インプレッサと比較して少しチープな印象を持った。それが何かを考えたら、多分プラスチックの硬い素材の量だと思った。運転席横のドアの窓下部分に硬い素材が使われていて、インプレッサの場合はこの部分に確か少し柔らかい素材が使われていた。
あと、左後方の死角の目視がしにくいのが気になった。後方座席の窓が小さく、後ろのガラス部分も小さかったから。実際に妻が運転している時に後ろの座席に座ったが、窓が小さくて高い位置にあって閉塞感があった。次女(小学生の子ども)が後ろの座席に座ったら空しか見えないのでは?と思った。

「外装」
この車の魅力は奇抜な外装デザインだと思う。ちょっと変わっていて魅力的と思う。

「価格」
簡単だが見積してもらった。車体290万円にもかかわらずトータルで320万円に収まった。もちろん値引き込みで。インプレッサより車体価格が高いのにトータルでは20万円も安くなった事に驚いた。スバルでももっと値引き頑張ってもらわねば。

最後に、トヨタの担当セールスマンは非常に丁寧でわかりやすく良い方だったので、買わない事に申し訳ないと思った。
nice!(0)  コメント(0) 

インプレッサスポーツ 試乗2回目 [クルマ]

リーフを試乗した日の午後、インプレッサスポーツの2度目の試乗に行ってきた。
exterior_pict_5.jpg
今回はリーフに続いて妻が運転し、私は子ども達と一緒に後部席に座った。

1.6Lのタイプを運転したが、妻の感想は「運転が楽しい」だった。アウトバックに乗って13年、リーフでは感じられない運転の楽しさがインプレッサスポーツでは感じたらしい。実は前回、私が試乗して感じたのもこの部分で、どういうわけか、インプレッサスポーツは運転を楽しいと感じてしまう、何かがある様だ。妻の意見を聞いてはっきりした。

今回は見積もってもらった。アウトバックより車格が下がるので、最上級グレードでメーカーオプションを全てつけ、まだ4年しか使っていないナビも買い替えという前提で初回見積をもらった。

約340万円。。。一晩予算を考えたが、もらった見積には1回目の車検代が含まれていたので、アウトバック13年目の車検とインプレッサを購入した際の初回の車検代合わせて30万円相当と、この冬のボーナスから20万円を捻出するという前提で、320万円とした。

この20万円の差を今後埋める作業に取り組んでみよう。
タグ:欲しいもの
nice!(0)  コメント(0) 

新型リーフ試乗 [クルマ]

3連休の真ん中、10月2日に発売された新型リーフの試乗をしてきた。

リーフは、最近毎日新聞を賑わしているEV(電気自動車)だ。
leaf_1709_top_001_01.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg
車の買い替えを考えさせたのは、米テスラ社のEV、モデル3だった。35,000ドルの価格で出すと言われていて、すでに世界中で40万台以上の予約が入っている車だ。左ハンドルを先行生産し日本に向けた右ハンドル車の生産は来年の冬?と思われ、実際に手に入るのは2019年の初めと思っている。9月の生産台数は260台!と目標の月間2万台には程遠いニュースを見て、クルマ作りは簡単ではないと感じた。
そこで、EVの市販車ですでに実績があり、2世代目をリリースしたリーフに興味が向いた。発表されて即カタログをもらいに行き、今週試乗もして来た。

運転したのは今回は妻で、私は後部席に座って体感した。

妻の感想は、一番驚いたのは「自動パーキング」、次に「加速時のフィィィィという微かなモーター音」。総じて、思ったほどの感動がなかったとのこと。

私は、乗せてもらったのは390万円程するタイプだったのに、内装がしょぼいのが気になった。13年乗ってきたアウトバックで強く思うのは、車内はリビングという意識だった。家族団欒の場所なので、移動時間だからしょぼい環境で我慢することができないと感じた。

また「e-Pedal」というアクセルを緩めるとブレーキがかかるという機構は、期待していたのだが制動力が強すぎて使えないと思った。慣れると使えるようになるかもしれないが、直感で使えない機構はまだまだ実用ではないと判断した。また、制動力発動中の時はブレーキランプが点くらしいがそれが自分の目で確認できない事も気になった。

と、いくつかマイナス意見が出て、40万円の補助金が出るらしいが、見送ることにした。見落としや勘違いがあるのかもしれないが、あくまでも私の一方的な評価として記しておく。

リーフ残念。
nice!(0)  コメント(0) 

次に買い替える車について 雑感 [クルマ]

先週末、スバルディーラーへ行って、試乗させてもらった。

インプレッサ と アウトバック。

試乗車は共に、10月発売のマイチェン後の新型ではなく、現行の車種だった。

妻と次女を乗せて走ったが、アウトバックの乗り心地が良くないことに気づいた。インプレッサの後に乗ったからかもしれないが、とにかく前後の大きな揺れが僕にはダメだった。試乗コースで渋滞に捕まり、アイサイトを起動させ追従させたのだが、ストップ&ゴー&ストップの繰り返しで、前後に大きく揺れて、印象としては、船(フェリー等の客船)に乗っている感じを受けた。

先に乗ったインプレッサでも渋滞に捕まったが、この様な印象は受けなかったので、やはり最低地上高の違いか、タイヤの違い、サスのセッティングの違いによるものだと思う。

インプレッサの印象が非常に良かった事を記しておく。

出張先(宇都宮)のホテルにて。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

11年目の車検 [クルマ]

昨年末に、愛車アウトバックの11年目、5回目の車検を通したので記しておく。

支払額は、138,660円(税込)。ディーラーへお願いした。

主な交換部品は下記だ。

1.バッテリー交換 31,321円
2.エンジンオイル&フィルタ交換 8,975円
3.フロントワイパーゴム交換 2,872円

総走行距離は約74,000km。この2年間で 9,000kmしか走っていなかった。

前回交換したブレーキオイル、パワステオイル、エアーエレメント、エアコンフィルター、発煙筒は今回交換なしだった。

ブレーキパッドの交換があるかと思ったが不要だった。記録簿を見ると、前左5.0mm、前右5.5mm、後左6.0mm、後右6.0mm残っていた。どれくらい薄くなると交換対象になるのか分かっていないが、交換にならなくてよかった。

前の愛車フォレスターは、7年目の車検でブレーキパッド交換をした。走行距離は7万キロ台だったと思う。エンジンブレーキを多用したのが功を奏したのだと思う。逆にミッション側の耐久力が心配だが、特におかしくなったとは思わない。

私はアウトバックの好きなところの一つにブレーキの足感(?)がある。フォレスターからアウトバックに変わって、違いにすぐ気づいた。ふわっとした上質感がある感じが気に入っている。妻はキーキー音が気に入らないと言っているが、フォレスターもアウトバックも長年乗っていると発生したので、スバル車の宿命かもしれない。キーキー音は乗り始めだけですぐに鳴らなくなるので、私は気にしていない。

さて、次の車検を通すかどうか。10万キロを超えると大幅な部品交換があるというので、その手前で買い替えかと思っている。単身赴任が続けばあと5年、単身赴任解消であと3年乗れる。よし、次回の車検は通して、3年後の2019年に買い換えるとしよう。
nice!(0)  コメント(0) 

N-WGNの燃費2015 [クルマ]

2014年9月に購入したN-WGNの、2015年の燃費を記載しておく。往復30kmの通勤に利用しているので1万キロ超えだ。燃費は20km/L超えと、これも驚きだ。それにしても香川県はガソリン単価が高い。大阪と比較して20円/Lも違う。

総走行距離 14,867km。

2015年(購入後1年目)
走行距離   11,448km
消費ガソリン 553.8L
総ガソリン代 75,447円
平均単価   136円/L
燃費     20.7km/L

nice!(0)  コメント(0) 

アウトバックの燃費2015 [クルマ]

12年目に突入した愛車アウトバックの燃費を記しておく。昨年は私が単身赴任中のため、一昨年に比べて走行距離が半減した。燃費はチョイ乗りが多いせいでかなり悪くなったが、単価が下がったおかげでガソリン代は半額となった。

総走行距離は 74,653km。10万キロまでは、大きな故障なく、まだまだ走れるはずだ。

2015年(購入後11年目)
走行距離   3,375km
消費ガソリン 462.3L
総ガソリン代 53,441円
平均単価   116円/L
燃費     7.3km/L

2014年(購入後10年目)
走行距離   6,609km
消費ガソリン 736.5L
総ガソリン代 112,366円
平均単価   153円/L
燃費     9.0km/L

2013年(購入後9年目)
走行距離   7,731km
消費ガソリン 888.9L
総ガソリン代 130,222円
平均単価   146円/L
燃費     8.7km/L

2012年(購入後8年目)
走行距離   7,708km
消費ガソリン 914.0L
総ガソリン代 125,009円
平均単価   137円/L
燃費     8.4km/L

2011年(購入後7年目)
走行距離   7,396km
消費ガソリン 864.5L
総ガソリン代 118,973円
平均単価   138円/L
燃費     8.6km/L
nice!(0)  コメント(0) 

N-WGNの燃費報告 [クルマ]

昨年購入したN-WGNが、1年を経たので、走行距離と燃費を記しておく。

走行距離 11,699km
平均燃費 19.4km/L

毎月1,000km程度走っている事が分かった。毎日往復30kmの通勤に使っている上に土日出勤も多いので、こんなものだろうと思う。そして、燃費の測定は満タン法(ガソリンを入れた量と走行距離で算出)で算出した。半年点検の時の燃費は17.2km/Lだったので、この半年で随分伸びた事になる。燃費がここ半年で伸びた理由は、ずばりアクセルワークだと思う。高橋啓介のそれとは正反対だが、燃費に長けたアクセルワークを修得してきているのだと思う。

そして昨日、ガソリンを入れた時、燃費の最高記録を樹立した。

なんと、23.0km/L !!。

ガソリン24.08Lで 554km走ったのだった。カタログ値は26.0km/Lなので、結構近い数値となっていた。なお、コンソールに表示された燃費は、この時 25.7km/Lだった。

IMG_0766.jpg

ホンダ車は昨年初めて購入したが、N-WGNに対して特に不備や不満は無い。リコールは先日あったが、問題なく修理してもらったので良かった。

単身赴任で、ほぼ自分一人しか乗らない車としては、N-WGNは最高の車ではないだろうか。

最後に、ホンダカーズにて、1年点検に要した費用を記しておく。
オイル交換、フィルター交換込みで、15,680円だった。
タグ:N-WGN
nice!(0)  コメント(0) 

タイヤ交換を敢行 [クルマ]

もう少しイケる、まだイケると思っていたが、普段乗っている妻からの強い要望により、タイヤ交換を敢行した。と言っても予約をしてお金を支払っただけで、履き替えは明後日の月曜日の予定。

今回タイヤ交換に選んだお店は、カーポートマルゼン。CMでよく見るし、以前義父の車のスタッドレスタイヤ交換を毎シーズン実施したお店なので、信頼感からこのお店を選んだ。

そして、履き替えるタイヤは今と同じブリジストンのレグノにした。工賃廃タイヤ料込みで83,380円。1本あたり 20,845円だった。

http://tire.bridgestone.co.jp/regno/

ちなみに、価格comの最安値では 16,450円(工賃廃タイヤ料含まず)。

http://kakaku.com/item/K0000731646/

しかし、タイヤ交換は私はできないので、結局交換してくれるお店が必要になる。前回購入・交換に利用させてもらった、価格comにも載っているお店では 21,900円/本(工賃廃タイヤ料含まず)だったので、ここよりも安くてラッキーだった。

カーポートマルゼンに行く途中、いつも行くガソリンスタンドでガソリンを入れていたら、タイヤの減りを目ざとく見つけられ、タイヤ交換の提案を受けた。そこは横浜タイヤ系のお店で、レグノ同等のタイヤ(ブルーアース)で86,000円くらいの見積をもらった。マルゼンの方が安かったら頑張って値引きするので戻ってきてほしいとの事。マルゼンでは、同じ(と思われる)ブルーアースはかなり安かったのと、今レグノを履いているならレグノ以上に静寂性の高いタイヤはないと断言されたため、レグノに決めたのだった。

前回は 2009年6月、4年5ヶ月、走行距離32,000kmで履き替えた。
今回は 2015年6月、6年0ヶ月、走行距離40,000kmで履き替える。

タイヤは3年で劣化するらしい。そう考えると、6年も履いたのは危険と隣り合わせだったかもしれないが、事故なく快適な6年を過ごす事ができて良かった。

ありがとうレグノGR-9000、そしてこれからもよろしくレグノGR-XI。
nice!(0)  コメント(0)