So-net無料ブログ作成

次女と過ごした年末年始 [子育て]

小学3年生の次女が、昨年の12月に入ってから、私が居る高松へ一人で行きたいと言い出した。きっかけは私が誘ってみたからだが、どこまで本心かはわからないが、とにかく行きたいと言い出したのだった。

新大阪までは妻に付き添ってもらい、岡山駅では私が待つという、本当に新幹線に座っているだけで降りる駅さえ間違えなければ大丈夫という「おひとりさま冒険旅行」だ。

しかし、高松へ来る数日前に発熱し、旅行は延期となった。年末には一人で来て一緒に大阪へ帰る計画をしたが、結局またも発熱でたち消えとなった。本人はとても楽しみにしていた様だが、2度とも熱が出た事を考えると、ストレスにもなっていたのかなぁと思う。

残念だが、3月までにはもう3連休はないので、おひとりさま冒険旅行は実現できないだろう。

しかしこの年末年始、長女が学習塾で休めないため、次女と二人で一泊二日旅行を敢行した。実家に泊まって、翌日はほぼ16年ぶりに親戚の家回りをしたのであった。我が家の親戚は幼児や赤ちゃんが沢山居て、どちらかというと「お姉さん」の部類に入る。安心してください、立派にお姉さんとして振舞っていたよ。

親戚のおじさんにいろいろ聞かれたりしたけど、はっきりと受け答えしていたよ。また、私が居ない所で、夏のキャンプ話で盛り上がり、いつの間にか3家族合同でファミリーキャンプをする事になっていた。もらったお年玉は14袋にもなると聞いてそれにも驚いた。

何よりも、家に帰ってからがテンションマックスですごかった。お風呂に一緒に入った時に「ママに一杯話す事がある」と言っていた。そして、お風呂から上がって、布団の中では、本当にあれやこれやああしたこうした、とそれはもうたくさんの事をママに話してくれた。確か夜の12時を超えていたと思う。

立派に成長した小学3年生の姿を間近で見る事ができて良かった。
nice!(0)  コメント(0) 

長女の中学受験 [子育て]

長女はもう小学6年生の3学期が始まろうとしている。このブログを始めた時には産まれてもいなかったのに、時間が経つのは早いと感じる。

私が子どもの頃にやらせてもらった事を、娘たちにもやってあげようと、ずっと思ってきた。ちなみに、私が子どもの頃に親にしてもらった事というと、小学校時代の事しか記憶にない。つまり長女にとっては今年が最後のチャンスという事だ。やり残した事はないか?と思い返すと、やはり単身赴任で2年間一緒に生活できなかった事が、毎朝10分程度のテレビ電話はやってきたものの、やり残し感を感じる。

例えば、スキーだ。父親には函館山へよくスキーに連れて行ってもらった。いつも車で連れていてもらったが、父はスタッドレスは買わず、いつもタイヤにチェーンを巻いていた。今、私が娘たちを車で函館山まで往復する事を考えると、往復の運転は大変だった様に思う。。。。あれ?私が大阪に住んでいたのは中学生以降なので、まだまだこれからじゃないか!よし。来年はスキーに連れて行く事にしよう。

私の小学校高学年時代といえば、合唱クラブで練習した事をよく覚えている。ここ高松の小学校で、なりたての音楽の先生が非常に熱心で、小6の夏休みはほぼ毎日練習していた気がする。この時に経験した事は今でも役に立っていると思う。例えば、みんなで歌う時の姿勢は手の置く位置まで詳細に決めていた事、みんなで息継ぎをする箇所を合わせた事、歌い出しの最初の言葉を強くはっきり発声するために何度も練習した事、たくさんのやるべき事を何度もみんなで合わせて練習した。これらは、今の仕事に役に立っていると思っている。会社人間にとって一人で仕事は何もできないので、関係者で目的や情報を共有し、高いレベルで一体となって実践する事を子どもながらに体験できた事を言いたい。当時のNHK合唱コンクルールでは全国大会への出場は果たせなかったが、私にとっては十分な経験になっている。

小学校時代に一生懸命打ち込んだ事は、大人になっても影響があるという事を、身をもって感じているので、娘たちにはそういう経験をさせてあげたいと思っている。

娘たちには、スイミング、そろばん、習字、ピアノと普通の習い事をさせてきたが、長女は小4から地域の合唱クラブに参加し出した(次女は小3から)。自分からやりたいと言って参加しているので、良い事だと思う。そして妻の提案もあって、長女には小4から学習塾へ通わせ中学受験のための勉強を開始した。この塾の勉強が、見ているとかなり難しく非常に大変に見えた。学校が終わってから塾に通い、帰ってくるのは夜の9時過ぎという過酷な毎日だった。私が近くで見ていた小4の頃は、問題の解き方がわからず、半泣きになってテンションマックスで自分自身何を言っているのか分からない中で宿題をこなしていると感じる時もあった。特に算数。。。

その長女が、今週末の1/14-16の3日間に3校中学受験をする。3年間本当によく頑張ったと思う。志望校に通る通らないは関係なく、3年間一生懸命にやってきた事は、きっと将来に役立つと思う。この言葉を、今、このタイミングで書き残しておきたかった。

最後に、この3年間、本人に一番近いところで付き添ってくれた妻に感謝します。
nice!(0)  コメント(0) 

ソフトバンク回線を解約した iPhone6 の再利用 [通信・電話]

この年末年始、義母が「iPhone7」を購入したため、今まで利用していた「iPhone6」が余ってしまったとの事。義姉家がiPhone7に切り替えた時は下取りに出してしまったとの事で残念だったが、義母は下取りに出さずに残してくれた事に感謝します。

このiPhone6は、発売時期が古い(=2014年)のでキャリアによる「SIMロック解除」ができない機種だった。つまりソフトバンク回線しか利用できないということになる。世間には、auやドコモ回線のものはあるが、ソフトバンク回線の格安SIMが出ていることを私は知らない。

ネットで検索すると、ドコモ回線の格安SIMに同じ形状の薄い基盤を重ねて装着することで、ドコモ回線を掴める様になるらしい。一般には「SIM下駄」というらしい。過去にソフトバンク回線を解約した「iPhone4s」で実際に利用した方法と同じだ。

http://sgouba2005.blog.so-net.ne.jp/2013-11-01

SIM下駄自体は価格的には安いものなので、気軽にやってみようと思い、アマゾンでポチった。
値段は 1,380円。。。今見たら1,280円に値下がりしているorz



このSIM下駄は、口コミを読むと不良品や偽物が多いという事だったので、ちょっと不安だったが価格が安いので思い切った。そして、今日これが届いたので、私の「SIMフリーiPhone6s」に刺しているmineoの「ドコモ回線のSIM」に重ねて iPhone6 に刺してみた。

最初は「SIMなし」表示が消えずに戸惑ったが、mineoのホームページからプロファイルをダウンロードしてから刺し直すことで、無事にドコモ回線を掴んでくれた。

なお、アマゾンに記載されている説明や口コミ情報を読むと、4G設定にして4G回線を掴んだままで、電源をオフオンしたり飛行機モードにしたりすると、圏外になって永久に復旧しなくなるらしい。そして復旧にはドコモのスマホが必要になるらしい。ちなみにこの現象を「圏外病」というらしい。
3G設定のまま電源オフオンをしたところ、問題なくドコモ回線を掴んだ事は確認できた。次は、ドコモのスマホを持っていない私は、圏外病を発症すると恐ろしいので、3G設定のままで使えないか、3Gと4Gの速度差を確認してみた。

3Gの場合、下り:2.52Mbps 上り:0.40Mbps
4Gの場合、下り:20.84Mbps 上り:5.37Mbps

。。。やはり4Gは速い。

しかし私や実際に使う事になるであろう妻の使い方だと3Gでも実用になるのではないかと、かすかな期待を持って、3G設定のまましばらく過ごしてみようと思う。基準としては、車の中で、FaceTimeやyoutubeが見れれば問題無しだと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

2016年の買い物履歴を総括 [欲しいもの]

昨年はあまりモノを買っていないと思うが、思い出しながら確認しようと思う。

昨年の購入金額の高いものベスト10を記しておく。
01.実家のMac mini      75,384円
02.自転車(私)       42,082円
03.自転車(妻)       40,176円
04.テレビ用スピーカ2つ    21,190円
05.人間ドック(妻)     18,940円
06.アウトバックの法定点検  17,053円
07.実家の外付けディスプレイ 16,694円
08.iPhone6s修理代      12,744円
09.マイクロソフトオフィス  10,491円
10.プリンタインク3箱     10,310円
-----------------------------------------------------
合計            275,064円

かなりモノを買わない年となった。大物としては妻と私の自転車(合わせて8万円強)くらい。反省としてiPhone6sの修理代は無駄だったと思う。昨年は、家電類の故障なく過ごせた事が大きい。車は12年目に突入するので、車検はないのだが初めて法定点検を実施した。

し・か・し、上記には現れていない、大きな出費が我が家にはあった。それは娘(長女)の学習塾代だ。中学校受験料を含め、妻から申告があった分だけでも、20万円強は支払っていたことを記しておく。
タグ:買い物履歴
nice!(0)  コメント(0) 

ffbeのガチャ運 [日記]

スマホゲームffbe(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)を相変わらずやっている。ずっと無課金でやっていて、フレンドで使う強いキャラを見て羨ましいと思いつつ、限られた攻撃力でゲームを進める毎日だ。
top_logo.png

強いキャラは、ゲーム内のガチャで虹色クリスタルの中から出てくるもので、出現確率1%に設定されている。「小林健人」さんという方が、youtubeでほぼ毎日ffbeの実況動画をアップされている。彼は無課金を公言しており、この動画を見ているとやっぱり虹色クリスタルは出ないものというのが分かる。

「小林健人」さんと比べると、虹色クリスタルの出た回数は私の方が多いのだが、虹排出キャラの中でも(私が持っていない)強いキャラが出ていて、羨ましいと思っていた。

そんな中、私に、この年末に立て続けに「虹色クリスタル」が出たのであった。それは、FFXVという新しいファイナルファンタジーシリーズの主人公ノクティス(愛称ノクト)とニックだった。ノクトが出た時は本当に嬉しくて興奮した。

一方、「小林健人」さんにもノクトが出たという動画を見た。ノクトが出た時の「小林健人」さんの喜ぶ姿は私も先日体験しているので、非常に親近感が湧いた。その後、私と同様立て続けに虹色クリスタルが出て、嬉しさの中に「もうお腹いっぱい」と思わせる表情にも親近感が湧いた。この2度目の虹色クリスタルからは、私はニックだったが、彼はマリーという私が持っていないキャラが出た。マリーも欲しいが旬キャラのニックをゲットできた私の方が、この年末年始のガチャ運はあったと思う( ̄ー ̄)。

もう一人、youtubeでは「みそしる」さんという女の子がffbeをずっとやっていて、こちらはffbeの魅力紹介(=仕事)を兼ねて課金しまくりでガチャを引いている。ノクト欲しさに350回もガチャを引いたのに結局出なかったという動画がある。「みそしる」さんは、すべての虹排出キャラを持っているのではないかと思うくらい課金と引き運の鬼に見えていたので、無課金の私が引いたノクトを、350回も引いて出なかったのを見ると、本人には申し訳ないが嬉しい。

ffbeは、結局のところ1年以上も継続して遊んでいる。半額ガチャのおかげで毎日1回は確実にアプリを起動しているし、「小林健人」さんや「みそしる」さん、他にも沢山の人達の遊び方や分析をyoutubeで見ることができるのも楽しい。その上、制作側のスタッフが月に1回ニコ生放送で、翌月の(ffbe内の)イベントを説明してくれるのも、私にとっては新鮮ですごく楽しい。ゲームを作っている人達に親近感が湧くし、新キャラ情報や新ストーリーの背景を説明してくれたりと、自然に愛着が湧いてくる。

スマホゲームには、従来の据え置き型ゲームにはない面白い要素が沢山あると思った。

昨年5月に私が初の虹排出キャラとしてゲットしたクイーンを、昨日のyoutube動画で「みそしる」さんが初ゲットしたのを見て、優越感を感じてしまったのもなんだか楽しい。
タグ:FFBE
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム