So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新iPhone購入後の通信料の節約について [通信・電話]

さっきPHSの利用料が、月額3,113円になる事を書いた。
これには、電話かけ放題サービスと、塾帰りの次女と妻の間のメールやりとりと2つの理由があった。

今年の秋(9月?)には、新iPhoneが発売されるという噂があり、それを買った想定で月額通信料の削減を考える。

考えているのは、下記だ。
私は新iPhoneを使う。私のiPhone6sを妻に譲る。妻のiPhone5sを次女に譲る。

iPhone6sのSIMは、新iPhoneに刺し、iPhone6sには新しいSIMを刺す。

iPhone6sに刺す新しいSIMには、電話かけ放題サービスの契約を行うと同時に、iPhone5sのSIMは、最低のパケット契約に下げる。

iPhone6sに刺すSIMの候補は、G-CallのSIM。
(マイネオにはかけ放題サービスが無かったため)
https://www.g-call.com/sim/index.php?pg=3#pgtop
パケット契約は3GBと(現在と同じと)した場合、月額2,380円(税込2,570円)で10分までかけ放題となるらしい。

iPhone5Sに刺しているminesのSIM(Aプラン)は、500MBで700円と、現在(3GBで900円)より200円安くできる。

3,113円が2,370円(税込)と、▲743円の節約ができるはずだ。

追記
妻には「制約付き(10分までの)かけ放題」で我慢してもらえるのか、アップルに支払う新iPhone機器代については、現時点では考えないこととする。
タグ:iPhone 格安SIM
nice!(0)  コメント(0) 

Y!mobile の 契約見直し [通信・電話]

私のY!mobileのPHSケータイ3年縛りが解けるタイミングで契約を見直した。
昨日、料金がどのように変わるのか、サポートセンターに電話して確認した。

■先月までの私のケータイの月額費用

 基本使用料    0円
 誰とでも定額   0円
 端末割賦料金 1,008円
 ユニバ料     2円
 消費税は上記金額に含む
 --------------------
 合計     1,010円

これを解約したのでゼロ円になる。▲1,010円。

■先月までの妻のケータイ料金
 基本使用料      1,491円
 家族割引      -1,491円
 安心保証       540円
 スーパー誰とでも定額 1,620円
 バリュー割引     -1,008円
 端末割賦料金    1,317円
 ユニバ料        0円
 消費税は上記金額に含む
 ----------------------------
 合計        2,469円

こちらはもろもろで、+644円となるはず。
1.副回線から主回線に格上げしたため、家族割引がなくなる。+1,491円
2.副回線から主回線に格上げしたため、ユニバ料割引がなくなる。+2円
3.端末割賦料金がなくなる ▲1,317円
4.バリュー割引もなくなる +1,008円
5.安心保証サービス解約 ▲540円
6.1〜5の合計 +644円

結果として月額費用が、3,479円から3,113円(▲366円)になる事が分かった。

意味が分かりにくい割引がなくなってすっきりした。
次女(小5)の塾帰りの時の連絡用に、もうひとつケータイを契約している(家族割引で月額無料)ので、この利用のためにPHSケータイは契約続行する予定。

つまり月額3,113円は、妻の「スーパー誰とでも定額(通話し放題)」と「次女の塾から帰る時の連絡用」の2つのサービス利用のために支払うことが分かった。

今年の秋には新しいiPhoneが出るので、それを(本体買取で)買うことで、月額費用は若干だが安くできると思っている。
タグ:節約 Y!mobile
nice!(0)  コメント(0) 

土日用の靴を購入 [服 靴 鞄]

昨年の大晦日と、昨日、土日用に履く靴を買った。土日に履く靴がなくなっていて、ちょっとしたお出かけ用とウォーキング用として1足づつ買った。

大晦日に買った靴は、南船場のニューバランス直営店まで行って買った。
jpg59e8bcf4edaa4_MLNBM-BK260.jpg
20,520円(税込)。

昨日買った靴は、近くのABCマートで買った。
5,426円(税込)。

タグ:買い物履歴
nice!(0)  コメント(0) 

2017年の買い物を総括 [欲しいもの]

2017年の高額買い物ベストテンをまとめる。買い物の範疇ではないが、とうとう我が家にも高額な学費を支払う時が来た。もちろんこうなるのを予測して、娘が生まれた年から貯金を積み立てて来たので、まだまだ想定の範囲内だ。

2017年、買い物金額の高いものベスト10
01.長女の私立中学費用    1,012,388円
02.インプレッサ頭金      355,825円
03.長女のアイフォン7     115,007円
04.お年玉            67,000円
05.通勤用カバン         56,916円
06.炊飯器            53,270円
07.アウトバックの税金      45,324円
08.通勤用革靴          41,040円
09.通勤用コート         37,476円
10.妻の普段履き靴        25,920円
-----------------------------------------------------
合計             1,810,166円

今回から車の税金をランキングに加えた。車にかかる費用となると、ガソリンやETC代等も加えるべきなのかもしれないが、今回は控えた。

特筆すべきは、下記3つ。
1.長女のアイフォン購入代
中学1年の娘にはまだ早いと思ったが、持たせる事にした。長女を見ていると、アプリ「LINE」を見ている時間が非常に多くなり、明らかに読書時間が減ってしまった。成績も1学期の期末試験はさすがに悪かったが、それ以降は持ちこたえた様だ。アイフォンとうまく付き合っていく術を習得してほしい。

2.お年玉代
毎年分かっていた事だが、予算にあげていなかったため捻出に苦労した。今年は親・親戚など、計15人に渡した。来年からは親戚めぐりが減る様なので、2/3くらいには減るだろう。

3.通勤用のカバンと靴、コート
昨年は工場勤務から再びオフィス勤めとなった。そのため、カバンや革靴、コートなどを買い揃えた。工場勤務の2年半の間に「靴積立」はずっとして来たので、高価な靴を買わせて頂いた。高価なカバンは夏に手術をした保険金で購入。コートは家計から負担してもらった。ありがとう>妻。
タグ:買い物履歴
nice!(0)  コメント(0) 

2005年式アウトバックと2018年式インプレッサとの違い [クルマ]

来年1月に納車予定のインプレッサと、今乗っているアウトバックとのスペック比較をした。
スクリーンショット 2017-11-12 8.33.23.png
まず、車の寸法と重量を比較した。
全幅は +5mm。全高は -65mmだが、(最低地上高が 200mmから 130mmと -70mm下がる事を考えると)+5mmと言える。全長は、ワゴン型からハッチバック型に変わるので、大幅に短くなる(-270mm)。

ホイールベースは変わらないので、運転するに当たって、荷室が短くなった事以外はほぼ変わらずと言える。また、最低地上高が70mm低くなったので、曲がる時の安定性は良くなっていると思う。

車のパワーについて、エンジンの排気量が2.5Lから2Lに小さくなったので馬力トルクともに若干落ちたが、車両総重量が軽くなっている( -50Kg)ので、体感は変わらないのではないかと思う。

次に、実際の室内スペックを比較する。全幅 +5mmに対して室内幅は +75mm、高さは +5mmに対して室内高は +55mmと、室内は格段に幅広く高くなっている事が分かった。しかも室内の長さは +245mmと、驚くほど長くなっていた。全ては「SGP」という新シャシーのおかげだと思う。

実は、この室内空間の広さに気づいたので、インプレッサの購入を決めたのだった。

アウトバックの大きさに全く不満はなかったので、家族4人で乗る場合が多い事を考えると、外観はほぼ同じで室内だけ広くなっているインプレッサがちょうど良いと思った。

荷室の大きさも同じくらいが良かったが、そういう車がないのでここは我慢したところ。
nice!(0)  コメント(0) 

再びインプレッサを試乗、そして契約 [クルマ]

台風21号が最接近した今日、衆議院選挙の投票を終えて、再びディーラーへ行った。いくつかディーラーオプションを追加した上での再見積をもらいに行った。

見積を一旦持ち帰って次回の訪問で契約するつもりだったが、なんと勢いで契約してしまった。
exterior_pict_5.jpg

大雨の中、お昼過ぎにディーラーへ入り、終わったのは17時を過ぎていた。

前回は妻が1.6Lのインプレッサを試乗したので、今回は2.0Lのセダンタイプを私と妻と1回づつ試乗させてもらった。乗り心地は申し分なく、車体がカッチリしている印象を受けた。長年乗ってきたアウトバックと比較して、内装がチープに思う箇所も少しあるが我慢できる範囲とした。

(狭さが)気になっていた荷室も、実際に荷物を持参して、私のゴルフバッグであれば横に積めること、オートキャンプでいつも積むクーラーボックスと旅行カバンにプラケース3つも同時に積めることが確認できた。もちろんテントやタープまでは、(持って行かなかったので実際に確認できなかったが)多分無理と思うので天井に乗せるルーフボックスが別途必要と考えている。

妻の頑張りがあり、満足のいく値引きも引き出せたので、気持ち良く契約できた。

納期は、早ければギリギリ12月下旬という事だったが、年が変わる来年1月を指定した。

BPアウトバックB型からGTインプレッサB型へ、13年乗り続けた我が家の愛車が変わる。
タグ:買い物履歴
nice!(0)  コメント(0) 

CH-Rを試乗 [クルマ]

リーフ、インプレッサを試乗した次の日、トヨタのCH-Rを試乗して来た。
スクリーンショット 2017-10-12 5.51.04.jpg
会社の同期が最近買ったと聞いているし、とても人気が有るらしい。

1.8Lエンジン+電気モーターのハイブリッドのグレードのものを試乗させてもらった。試乗は私と妻で2週した。

試乗の感想。
「走り」
可もなく不可もなくという感じ。エンジンと電気モーターを器用に自動で切り替えてくれていて、それが目に見えるのは良かった。高速道路で走っていないのだが、1.8Lエンジンでほぼモーター稼働は無い様に思うので、今の車(2.5L)よりうるさく感じるであろうと思った。今回ではっきりしたことは、エンジンを支援する機構を搭載している車は、ハイブリッドにしてもターボにしても、(今の自分の好みとは)違うと思った。

「内装」
本体だけで290万円するそうだが、インプレッサと比較して少しチープな印象を持った。それが何かを考えたら、多分プラスチックの硬い素材の量だと思った。運転席横のドアの窓下部分に硬い素材が使われていて、インプレッサの場合はこの部分に確か少し柔らかい素材が使われていた。
あと、左後方の死角の目視がしにくいのが気になった。後方座席の窓が小さく、後ろのガラス部分も小さかったから。実際に妻が運転している時に後ろの座席に座ったが、窓が小さくて高い位置にあって閉塞感があった。次女(小学生の子ども)が後ろの座席に座ったら空しか見えないのでは?と思った。

「外装」
この車の魅力は奇抜な外装デザインだと思う。ちょっと変わっていて魅力的と思う。

「価格」
簡単だが見積してもらった。車体290万円にもかかわらずトータルで320万円に収まった。もちろん値引き込みで。インプレッサより車体価格が高いのにトータルでは20万円も安くなった事に驚いた。スバルでももっと値引き頑張ってもらわねば。

最後に、トヨタの担当セールスマンは非常に丁寧でわかりやすく良い方だったので、買わない事に申し訳ないと思った。
nice!(0)  コメント(0) 

インプレッサスポーツ 試乗2回目 [クルマ]

リーフを試乗した日の午後、インプレッサスポーツの2度目の試乗に行ってきた。
exterior_pict_5.jpg
今回はリーフに続いて妻が運転し、私は子ども達と一緒に後部席に座った。

1.6Lのタイプを運転したが、妻の感想は「運転が楽しい」だった。アウトバックに乗って13年、リーフでは感じられない運転の楽しさがインプレッサスポーツでは感じたらしい。実は前回、私が試乗して感じたのもこの部分で、どういうわけか、インプレッサスポーツは運転を楽しいと感じてしまう、何かがある様だ。妻の意見を聞いてはっきりした。

今回は見積もってもらった。アウトバックより車格が下がるので、最上級グレードでメーカーオプションを全てつけ、まだ4年しか使っていないナビも買い替えという前提で初回見積をもらった。

約340万円。。。一晩予算を考えたが、もらった見積には1回目の車検代が含まれていたので、アウトバック13年目の車検とインプレッサを購入した際の初回の車検代合わせて30万円相当と、この冬のボーナスから20万円を捻出するという前提で、320万円とした。

この20万円の差を今後埋める作業に取り組んでみよう。
タグ:欲しいもの
nice!(0)  コメント(0) 

新型リーフ試乗 [クルマ]

3連休の真ん中、10月2日に発売された新型リーフの試乗をしてきた。

リーフは、最近毎日新聞を賑わしているEV(電気自動車)だ。
leaf_1709_top_001_01.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg
車の買い替えを考えさせたのは、米テスラ社のEV、モデル3だった。35,000ドルの価格で出すと言われていて、すでに世界中で40万台以上の予約が入っている車だ。左ハンドルを先行生産し日本に向けた右ハンドル車の生産は来年の冬?と思われ、実際に手に入るのは2019年の初めと思っている。9月の生産台数は260台!と目標の月間2万台には程遠いニュースを見て、クルマ作りは簡単ではないと感じた。
そこで、EVの市販車ですでに実績があり、2世代目をリリースしたリーフに興味が向いた。発表されて即カタログをもらいに行き、今週試乗もして来た。

運転したのは今回は妻で、私は後部席に座って体感した。

妻の感想は、一番驚いたのは「自動パーキング」、次に「加速時のフィィィィという微かなモーター音」。総じて、思ったほどの感動がなかったとのこと。

私は、乗せてもらったのは390万円程するタイプだったのに、内装がしょぼいのが気になった。13年乗ってきたアウトバックで強く思うのは、車内はリビングという意識だった。家族団欒の場所なので、移動時間だからしょぼい環境で我慢することができないと感じた。

また「e-Pedal」というアクセルを緩めるとブレーキがかかるという機構は、期待していたのだが制動力が強すぎて使えないと思った。慣れると使えるようになるかもしれないが、直感で使えない機構はまだまだ実用ではないと判断した。また、制動力発動中の時はブレーキランプが点くらしいがそれが自分の目で確認できない事も気になった。

と、いくつかマイナス意見が出て、40万円の補助金が出るらしいが、見送ることにした。見落としや勘違いがあるのかもしれないが、あくまでも私の一方的な評価として記しておく。

リーフ残念。
nice!(0)  コメント(0) 

牧野パークゴルフ [ゴルフ]

9月30日、約2年ぶりのゴルフに行ってきた。場所は7年半前に4年ぶりのゴルフに挑んだ、牧野パークゴルフだ。ここは傾斜が少なく距離だけはあるので、練習には持ってこいのコースと思う。

過去、3回回っていて、
 2010年 121
 2011年 105
 2011年 99
と、確実に上達している事がわかる。

さて、今回は。。。

INコーススタートで前半49、後半50で、計99。
パットは、前半19、後半14(3パット2回)
OB回数 前半2回、後半2回
ロスト  前半0回、後半0回
池ポチャ 前半0回、後半0回
バーディ 前半0回、後半0回
パー   前半1回、後半2回
ボギー  前半6回、後半3回
Wボギー 前半0回、後半1回
Tボギー 前半1回、後半3回
+4   前半1回、後半0回
スクリーンショット 2017-10-01 7.07.10.jpg

後で振り返ると、前半の13Hで申告間違いがあり、4打を5打に訂正した。

クラブ別に振り返ってみる。

1.ウッド(ドライバーと4.5番ウッド)
4.5Wは気持ち悪いほど良く打てた。特に最初のホール175ヤードPAR3の第一打でいきなりグリーンを飛び越してOBになってしまった。最初からOBでショックだったが気持ち良く打てた。この日は8回4.5番ウッドを打ったが、この1打以外は概ねジャストミートし綺麗な弾道だった。
一方、ドライバーもまずまずの出来だった。3回OB出たが、大スライス1回、ひっかけ2回だった。スライスは初心者がやってしまうミスと思うが、この日はスライス系の弾道が多かった。また、高い弾道も多く、ボールの下を叩きがちだったと思う。身体のキレが良かったのだと思う。

2.アイアン
珍しく7Iを使わなかった。1打目がよく飛んだので、2打目は圧倒的にPWが多かった。アイアンは総じて良くもなく悪くもなかった。ウッドが良い時は、アイアンの精度が(思ったより)悪いと感じた。繊細なコントロールが効かない感じだ。私のPWの距離:120Yより短い場合が多く、SW(私の距離70Y)も結構多く使った。SWでは一度ざっくりがあり、これは反省すべきだろう。
バンカーには最終ホールで1回だけ捕まり、1回では出ずに2回叩いてしまった。

3,パット
ここは、平らなグリーンでショートする場合が多いので、真っ直ぐ強目を意識して打つことで、後半14パットと良くなった。合計33パットは及第点と思う。

久しぶりのゴルフだったが、99と100を切れた事に満足している。ドライバーと4.5番ウッドの調子が良いとスコアがまとまること、実感した。今後もウッド中心の練習を優先しようと思う。

4.fuel
この日は、手引きカートでコース内全て歩き、コース間も歩いた。そのため、通常より2割ほど歩いたと思う。7時間7分で 4,253fuel だった。

次回は10月14日に16人で久しぶりにコンペの予定で、練習コースではないので気合い入れて行こうと思う。
タグ:fuel 本コース
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -